オルリスタットがなぜ売れているのか

オルリスタットは脂肪分解酵素のリパーゼの働きを抑え、摂取した脂肪の約30%を未消化のまま便と一緒に排出する事ができます。日本では肥満対策として食欲を抑える薬は承認されていますが、オルリスタットは承認されていません。オルリスタットは日本でも医師が処方してくれます。また処方箋がなくても、個人輸入する事が可能になっています。食事をしても脂肪の吸収を抑えてくれるので、油っこい食事が好きな人やダイエットに失敗した人でもダイエットできる事で人気があります。日本では承認されていませんがアメリカなど海外では安全とされ使用されているため、安心して摂取できます。また副作用はありますが、便の回数が増えたり柔らかくなる程度で、オルリスタット自体も体内に蓄積されず肝臓などに悪影響がないと言われている事も人気のひとつです。オルリスタットを使用し始めると約2~3週間位からダイエット効果が見られるようになり、体重の減少は約6~12か月続きます。どの位の期間服用するかは人によって違うため、医師の指示に従う事が大切です。オルリスタットには、高血圧や高脂血症など生活習慣病の予防効果もあります。普通は食前に服用しますが、脂肪分が少ない食事内容の時は飲む必要はありません。オルリスタットは確実に効果があるため人気がありますが、脂肪の吸収を阻害するため脂溶性ビタミンの吸収も悪くなり不足する危険性があります。必ずビタミンなどの補給を、サプリや野菜ジュースなどでする必要があります。また妊娠中や授乳中は使用しない方が良いとされていますし、服用中の薬があったり基礎疾患があると危険な場合もあります。必ず医師の診察を受けてから服用する事が大切です。